Best Memories League(BML)
2020/09/19
☆U−12(15-5-15分 )

VS 田村MARS 1st:0−1 ●
        2nd:2−2 △

リーグ戦5節目。
悪くない立ち上がりではあったものの、今一リズムが悪いのか連携がかみ合わず、パスミス?受けミス?と言ったモヤモヤした展開でした。当然、そんな状況では付入る隙も多く、球際勝負に負けて押し込まれての手痛い失点で敗戦となりました。
美和台に一番足らないのは、なんと言っても“声”!!! 要求する声、アドバイスする声、モチベーションを上げる声、声にもいろいろありますが、声がでるときは雰囲気もどことなく良いものです。自分たちで好転する声を出して次の試合を頑張りましょう。

Best Memories League(BML)
2020/08/09
☆U−12(10-5-10-5-10分 : 3クォーター制 )

VS ソルマーレ 1st:1−0 ○
         2nd:0−0 △

リーグ戦4節目。
前回の見本となる良さは何処へ行ったのか?と思わせるいつも通りの立ち上がりの悪さが目立つ展開でスタート。開始1分で決定期とも思えるシュートを打たれる始末。ほぼ自陣での展開を余儀なくされる展開でも何とか失点だけは免れることができました。途中気持ちと体をリセットし、次第にいつもの美和台らしい動きを見せ始め、カウンターから貴重な決勝点を得ることができました。悪いながらも失点をせず耐えることができたのも成長の片鱗と捉え一歩づつ進みたいと思います。


Best Memories League(BML)
2020/08/01
☆U−12(10-5-10-5-10分 : 3クォーター制 )

VS 長住   1st:2−0 ○
        2nd:3−0 ○

BML3節目。
普段立ち上がりの悪い選手たちが、今日は開始からMAX状態に!右サイドを軸に素早い展開から得点に結びつけることに成功。その後はジリジリとした展開になるも終盤に今度は左サイドからの展開で追加点。強豪相手に先手を取れるゲーム回しができ、実りある試合となりました。今回の試合を良きお手本とできるよう次も頑張りたいと思います。

Best Memories League(BML)
2020/07/23
☆U−12(10-5-10-5-10分 : 3クォーター制

VS 大橋   1st:1−3 ●
        2nd:0−0 △
VS アレシオ 1st:1−0 ○
        2nd:2−0 ○

BLMの2節目。
活動再開から、積極的に練習、試合に取り組み、以前の躍動感が戻りつつある中での2節目。
初戦は強豪大橋!
立ち上がりの悪い美和台がいつも以上に悪く、前回とは別チームかと思わせるほど、プレッシングは機能せず、全体的に後手に回って押し込まれる嫌な展開でした。案の定、隙を衝かれミドルシュートで失点。CKから同点に追いつくも精度の高いキックオフシュートであっという間に離され、自力の差を痛感する試合となりました。
2戦目は、こちらも強豪アレシオ!
お互い手の内を知り尽くしているチーム同士の押しつ押されつのジリジリとした展開に。数少ないチャンスを生かし接戦を勝ちきることができました。
リーグ戦は始まったばかり!一戦一戦悔いのないよう全力で戦いたいと思います。


Best Memories League(BML)
2020/07/19
☆U−12(10-5-10-5-10分 : 3クォーター制)

VS 那珂南 1st:1−0 ○
       2nd:4−0 ○

本年度は、福岡地区U−12リーグ戦が中止となったため、切磋琢磨する機会と最高の思い出作りを掲げてBMLを立ち上げました。参加チームは、福岡支部2部に所属する10チームでSummer StageとWinter Stageの2部構成でリーグ戦を戦いリーグチャンピオンを決定します。
初戦は、これまでも沢山の試合を重ね切磋琢磨してきた那珂南。
長期活動停止明けで動きも連携もどこかギクシャクした立ち上がりでしたが、徐々に動きが良くなり、目覚めはじめた選手たち。少しずつリズムを作りはじめた矢先に訪れたビッグチャンス!サイドからボールを繋ぎ、得意のドリブルで切り込んでからのシュートを得点にすることができました。ディフェンスは、終始前がかりのプレッシングで相手に自由にプレーさせないようがんばりました。時折押し込まれましたが、何とか守り抜くことができ、初戦を勝利で飾ることができました。
このBMLは、これまで幾度と無く切磋琢磨してきた強豪犇くリーグ戦です。勝敗も勿論大切ですが、それ以上に内容にこだわり全員で両リーグ戦を戦っていきたい思います。

支部リーグ(3部)
2019/06/22
☆U-11(15-5-15分)

VS アレシオ 0−0 △
VS 大橋   1−1 △

本日、支部リーグ2節目。成績上位チームとの対戦となり、子供たちはやや緊張した表情。
1戦目、共に決定期を作り出せず中盤でのせめぎ合いが続く難しい展開でした。時折抜け出すも楽にシュートを打たせて貰えず、共に得点できずの引き分けとなりました。
続く2戦目は、試合開始早々にサイドからの展開でチャンスを作り出し先制に成功!しかしなかなか追加点を奪えず、後半足が止まったところにカウンターを受け失点。こちらも引き分けとなりました。
4戦して1勝3分。負けないけど勝てないもどかしい結果が続く。後半での巻き返しを期待したいと思います。

九産大学長杯
2019/05/11〜12
☆U-12(15-5-15分)

〜予選リーグ(初日)〜
 VS 箱崎 0-2 ●
 VS 千早 0-2 ●

〜決勝トーナメント(二日目)〜
 VS 南風 1-1(PK 3-1) ●

毎年、九州産業大学で行われる学長旗杯。
今年も32チームが参加し盛大に行われました。
この九産大杯は、ジュニアには珍しく11人制の戦いです。
初戦は、動き出しが遅く後手に回る難しい展開が続き、サイドを崩され失点。後半にはCKからヘディングで合わされ失点し敗戦となりました。2戦目は、動きも良くなり拮抗した好ゲームでしたが、相手の早い展開に次第に押し込まれ立て続けに失点してしまいました。結果は2戦2敗でリーグ3位となりました。
二日目は3位トーナメント。
初戦はお互い譲らない白熱した展開に。相手の隙を突きミドルシュートで先制するも逆に隙を突かれ失点しPK戦へ・・・。お互い1本目を決めるも2本目を止められ万事休す!3本目を止めれば延長でしたが、しっかりゴール隅みへ決められ敗退となりました。
日差しが照り返す暑い中、結果を残すことができませんでしたが、楽しい二日間となりました。

支部リーグ(3部)
2019/04/27
☆U-11(15-5-15分)

 VS 弥生  0-0 △
 VS 西高宮 2-0 ○

いよいよ始まった公式戦の支部リーグ!
各区を勝ち上がった強豪との戦いに、子供たちは少し緊張した感じ・・・。
初戦は、やや硬さが見られるものの、積極的にプレッシャーをかけ続けチャンスを作る展開に持っていくことができました。しかし、フィニッシュが悪くバーにポストにGK正面にと美和台JSCによくある嫌な展開に・・・。しかし、これまで課題であったディフェンスは改善がみられ、安定した対応ができて無失点。得点こそ得られませんでしたが勝ち点1を獲得できました。
2戦目も変わらず、持ち前のアグレッシブなプレッシャーをかけ続けることができ、大きなサイドチェンジから2得点。ディフェンスも連携が安定してきて無失点と好調な結果を出せることができました。
リーグ戦は始まったばかり!残り6戦も自分たちのサッカーをやりきりたいと思います。

折尾カップ(U-10)
2019/03/16〜17
☆U-10(10−3−10分)

〜リーグ戦1日目〜
 VS 鎮西 2−0 ○
 VS 折尾 4−1 ○
 VS 岡垣 2−1 ○
 VS 折尾西0−4 ●

〜リーグ2日目〜
 VS 青葉 4−0 ○
 VS 穴生 2−0 ○
 VS 千代 0−1 ●
 VS 青山 9−0 ○

2日間に渡って北九州で行われたリーグ戦。どのチームとも初対戦の4年生にとって楽しみなカップ戦です。
初日は、どこか落ち着かずフワフワした感じで、試合内容も何処と無く精細さを欠く内容でした。それでも持ち前の技術を駆使して戦い、なんとか3勝1負と勝ち越すことが出来ました。
2日目は、初日の反省が功を結んだのか?落ち着いて試合に臨み、美和台らしいサッカーをすることが出来ました。2日目も3勝1負となり、総合6勝2負で準優勝となりました。内容はまだまだですが、少しずつ結果を出せるようになってきたのは成長の証!これからも多くの練習を積み重ね、素晴らしいパフォーマンスを見せられるよう頑張っていきましょう!!



チャンピオンシップ(U-10)
2019/03/3
☆U-10(15−5−15分)

 VS 西南 0−6●
 VS 小笹 0−1●

区内リーグを5位で通過して望んだチャンピオンシップ。他区を勝ち上がってきた強豪との今後を左右する大事な戦いです。
初戦は、相手の、高い技術に加えスピードある速い展開に防戦一方…。耐え続けたのですが失点が増え残念な結果となりました。しかし、得点こそ奪えませんでしたが、時折持ち前の突破力で相手ゴールまで迫るシーンも見られたことは、今後の自信につながるものと思います。
続く2戦目。立ち上がりから相手ゴールを攻め立てるもゴールできず、次第に押しつ押されつの緊迫した展開に!シュート数こそ多いものの得点が奪えずに前半が終了。後半は立ち上がりにサイドからの攻撃を凌ぎきれずに失点。最後まで反撃を試みるもゴールが遠い…。
大事な試合は、2戦2敗という結果となりました。
試合後、悔し涙を流す子供たち…。
その涙を忘れず、今後もボールを追い続けて欲しいと思います。

前ページTOPページ次ページ
- Topics Board -
Skin by Web Studio Ciel